• G+
Vol3.

Vol3. 測定したデータを自動で送信することもできる体重体組成計


先日、自宅で使用していた体重計が壊れてしまいました。いつ購入したか分からない古いもので、最近は体重が増えていたこともあってより負担が増えて、とうとう寿命を迎えてしまったようです。次の新しい体重計はどのようなものを購入しようか考えていて、ホームセンターなどへ出かけたときに見ているのですが、並んでいる商品は、体重だけでなく様々機能を備えている、体重体組成計が中心のようですね。そういえば、医療機器ファクトリーで買い取りしている医療器具の中で、最近では体重体組成計が買い取りに出されていることが増え、医療器具の中でも買い取りの中心になりつつあることを思い出し、幾つかのメーカーのカタログを持ち帰って詳しく調べてみることにしました。各メーカーのベーシックなモデルに搭載されている機能は体重、体脂肪率、骨格筋率、基礎代謝、内蔵脂肪レベル、体年齢、BMIの7つの機能が多いですね。上位のモデルになってくると、測定したデータをWi-Fi通信機能を利用してパソコンやスマートフォンに自動で送れるもの、過去に測定したデータから自動的に測定する人を認識する機能などが搭載されています。私は以前から入浴前に体重を測っていて、前は手書きで作った記録表に、最近はパソコンのエクセルで作った表に記録していました。記録するのが面倒に感じることもあったので、測定データを自動で記録しパソコンへ送信して記録する機能は便利そうですね。値段も医療器具としてはそれほど高価ではありませんから、今度はこれを使ってみようかと考えています。

お客様の声

ユーザーのお客様よりecofa宅配買取へ頂いたメッセージをご紹介しております。お客様の励まし声に支えられております。

>>お客様の声一覧

コラム

ecofaからの医療機器買取についてのメッセージです。お買取りを検討されている方は、ぜひ一度ご覧ください。


>>コラム一覧はコチラ